融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

融雪工事 を計画する際に、
以下のようなことでお困りではないですか?

  • どんな融雪があって、どれがいいのか分からない
  • どこに相談すればいいのか分からない
  • 平日は忙しいから夜や休日だけで検討したい
  • ウチだと、費用はいくらかかるのか?
  • 融雪工事の相場が分からない
  • 融雪工事会社の提案や見積を検討したい
  • まだ、正式に依頼するか分からないのに
  • 現地調査までお願いするのは気が引ける
  • 複数の融雪工事会社の提案や見積を比較したい
  • いきなり、住所や連絡先を教えるのは抵抗がある
  • 忙しいので、しつこい営業は受けたくない
  • 急いでるので、お勧め業者をスグ紹介してもらいたい

このサイトで上記の悩みはすべて解決できます!

このサイトは、
「いきなり連絡先を業者へ知らせるには抵抗がある!」
という方のために、依頼者の立場から
こんなサービスあったらいいのに」を実現したサイトです。


もちろん、「急いでいるから、お勧め業者をスグ紹介して!」
という方には、その方のご要望や条件を最大限考慮して、
業者をすぐにご紹介させていただいております。


解決したい雪の悩みは、それぞれ違います。 たとえ同じ悩みでも、融雪を利用する場所や条件の違いで、最適な方法は違います。 あなたにとって最適な方法を、得意とする業者を見つけることが、融雪工事を成功させる大事なポイント です。

まずは、あなたの悩みを伝えるだけ。 依頼先を自分で探さなくてOK。

融雪工事業者からの工法の提案・見積を、匿名で(あなたの名前・連絡先などは教えずに)、じっくりと検討できるので安心です!

融雪工事は、9~11月が繁忙期 です。
ロードヒーティングや、一部の屋根融雪など、12月以降は施工が難しくなる工事も多いです。

ところが近年の大雪の影響で、融雪を真剣に考える方が多く、年々工事の時期が早まってます。 混みだすと業者でも対応に追われ、提案や回答に時間がかかるようになります。 すでに、4月、5月くらいから検討を始めている方もたくさんいらっしゃいます。 工事依頼の集中のため10月には工事の受付ができなくなる業者も少なくないです。 ちなみに、早い業者ではお盆明けくらいから日程調整が難しくなるところもありました。

当サイトには、雪が多くすぐの施工が難しい1月からも、次のシーズンに向けて融雪の検討を開始されている方が、たくさんいらっしゃいます。 納得の業者と融雪を選ぶためには、できるだけ早い行動が大事です。


融雪工事は、解決したい悩み・問題、地域性、現場状況、あなたや家族の要望、予算などによって、最適なコタエは違います。

そして、その最適なコタエは、「あなたと あなたの望む融雪に、相性のいい業者と出会えるか どうか」 にかかってます。

「融雪工事」とひとくくりに考えられがちですが、実はそれを実現する工事・製品・技術は、かなり多様です。

たとえは電気融雪なら「電気工事」の資格・専門技術を要します。地下水を使う融雪なら「さく井工事」など。熱源として燃焼部分をもつボイラーを利用する融雪なら、ボイラーについての専門技術も要します。地面での融雪では掘削・舗装などの「土木工事」。また屋根融雪では屋根での施工知識を要します。

それぞれの工事では、資格や技術も違います。また、特許技術が含まれる場合は、業者が限定される工法もあります。 そのため、全ての融雪工事を施工できる業者はいません。 例えば電気融雪を専門にしていたり、地面の融雪だけを扱ったり、得意な分野・工法に ある程度特化している業者も多いです。

あなたの解決したい問題に 最適な融雪工事を、見落とさず、きちんと選ぶこと が、工事費やランニングコストを抑え、満足度の高い融雪 の実現には欠かせません。


繰り返しますが、融雪工事は、解決したい問題や、地域性現場状況あなたや家族の要望予算などによって、最適なコタエは違います。

もしかしたら、あなたが相談しようとしている業者は、「あなたにとって最適な工法が得意な業者」ではないかもしれません。


本来なら、融雪業者に名前や連絡先を明かして、現場を見てもらってからでしか手に入らない提案や見積を、匿名のままで、検討できるのは、「融雪工事見積お助け.com」だけ!

もちろん 無料 です!

あなたも、このサイトを利用して、最適な融雪工事をしませんか?
詳しい利用方法は下記をクリックして下さい。


ピックアップ

落雪事故雪下ろしの事故融雪の展示会・見学会高齢者世帯の雪対策融雪の融資・ローン融雪の助成・補助金アパート駐車場の融雪病院・医院・診療所の駐車場の融雪散水融雪(消雪)と無散水の比較井戸(地下水)消雪のポイント融雪工事の失敗・ランニングコスト編ロードヒーティングから融雪槽ボイラーからヒートポンプへ雨樋だけの融雪の意外な効果夜間・深夜電力だけで融雪は可能か?カーポートが向かない場所とそこでの雪対策頻繁には戻れない実家の雪対策屋根から落ちて山積みの雪の処分折板屋根の融雪瓦屋根の融雪雪対策リフォーム
雪や地域の特徴など| 北海道青森県秋田県山形県新潟県長野県

地面と屋根の融雪ガイド(新潟県柏崎市)ロードヒーティング/雨樋・ルーフヒーティング/消雪/地下水・・・
新潟県柏崎市の雪質や気温、地域性にあい、悩みや問題を解決するための融雪選びをお手伝い。除排雪や雪下ろしの肩代わり、落雪・落氷を防いだり、雪庇・つららなどをスッキリさせたりで、雪による不安やストレスがなくなれば、冬の暮らしはもっと楽しくなるはず。それには融雪の選び方が要です。業者選びも意外に難しいです.....

融雪はスタートが肝心
融雪はスタートが肝心です。雪が積る前にスタートすることが大事です。雪は積ってしまうと融かすのが、一気に難しくなります。そのため、センサーなどによる自動運転がポイントになります。節約するつもりで、運転を控えてスタートが遅れ、融かしきれずに失敗するという話をときどき耳にします。

【秋田県能代市】雪対策と融雪ガイド(地面・屋根)ロードヒーティング/井戸/融雪機・融雪槽
秋田県能代市の沿岸に近い地域では秋田県の中では雪が少ないほうです。一方で二ツ井など内陸にいくほど雪の量も多くなっていきます。融雪の検討のため、まず地域の雪質・量・特性を整理。そして悩みの雪・氷・ツララにどんな融雪があるのか?相応しい業者選びとは?について解説。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ.....

ロードヒーティングの節約法|ボイラーからヒートポンプへ
ボイラーを使ったロードヒーティング等の融雪。灯油高を背景に、ランニングコストが負担で運転を止めてる人もいます。手動運転を組合せて節約に成功する人もいますが、忙しい人には難しい面も。現場状況によってはボイラーからヒートポンプに換えることで、ランニングコストを半減できるかもしれません。.....

融雪の自動運転と手動運転|利用者にしか分からない本音
融雪にはランニングコストがかかります。そのため便利とはいえ自動運転にしていると、ムダに思えるようなタイミングの運転が気になります。そのため自動と手動を組合せて利用している人は多いです。手動運転に適したタイプとか、手動運転の失敗とか、自動運転のロスとかの話。.....

新潟県小千谷市~屋根融雪・地面融雪をガイド~ロードヒーティング・ルーフヒーティング・消雪・地下水・・・
新潟県小千谷市は豪雪地帯。そんな小千谷市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びも.....

流雪溝のつまり
流雪溝は雪片づけにはすごく便利です。しかし、処理能力は流れる水の量や溝の大きさなどによって限界もあります。大雪のときには無理やり詰めすぎたことで、詰まって溢れたというニュースを耳にすることもあります。便利な流雪溝ですが、使いう際にはマナーを守ることも大事です。

融雪ガイド|秋田県秋田市の雪対策|地面・屋根融雪/ロードヒーティング/融雪機・融雪槽/井戸
秋田県秋田市で融雪検討のため、まずは雪質・量・地域特性を整理。そして雪・氷・ツララ対策のための融雪を解説。業者選びまでお任せください。融雪でできることを知る事が、屋根でも地面でも大事です。また電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水など熱源もいろいろ。秋田県秋田市での融雪で失敗しないために。.....

雨樋だけの融雪に意外な効果|雨樋の取外し・雨樋破損を防ぐだけでない
雨樋だけに融雪ヒーターを設置した場合、その効果は雨樋の冬期の取外しや、雪やつららでの雨樋の破損を防ぐだけにとどまらないようです。雨樋がヒーターにより機能し続けることで、つららになる雪融け水を極力排除するためでしょう。もちろん効果には限界はありますが、屋根融雪の入門として試してみるのもよさそうです。.....

【消雪・融雪】お風呂の残り湯を利用した節約&小規模の融雪
お風呂の残り湯を利用した節約・小規模の融雪があります。融かせる雪の量は多くはなく小規模な融雪ですが、ただ捨てるだけのお風呂の残り湯の熱を利用するので、節約できます。しかも工事なしでも利用できる場合もあり、格安です。玄関や通路前の邪魔な雪を融かしたり、自然落雪屋根の小まめな落雪を助けたり、カーポートや.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営